• ホーム
  • タミフルとリレンザではどちらが早く治る?

タミフルとリレンザではどちらが早く治る?

患者を診ている医者

タミフルは有効成分をオセルタミビルとして、カプセル錠となった経口薬で、飲むことで体内に吸収されてウイルスの増殖を抑えます。
リレンザの有効成分はザナミビルで専用の吸入器で吸い込むことで、感染源となる気道に直接取り込まれることで効果を発揮します。
どちらもノイラミニダーゼ阻害薬に分類される治療薬で、力価に関しては比較検証されたことはないので分かりませんが、ウイルスを細胞内に閉じ込めて増殖を抑えるという作用に違いはなく効果は十分に発揮されます。
インフルエンザが発症してからウイルスが増殖しきるまでに薬剤を吸収する必要があるため、どちらもタイムリミットとして症状が出てから48時間以内に使用することが条件となっていますが、タミフルは服用してから体に取り込まれ、さらに感染部位に達するまでに多少の時間がかかります。
はっきりした数値は出ていませんが、服用後から4時間後に体内で変化が起こるとされるため、タミフルでは4時間かかると考えておいても良いでしょう。
対するリレンザは薬剤を感染部位に直接吹きかけるように吸うため、粘膜から吸収して気道に到達するまで数十秒で効果を示します。
薬剤を投与する方法が吸入器という特殊なものであるため使いづらい点がありますが、即効性に関してはリレンザに軍配が上がります。
インフルエンザはウイルスの増殖を抑えることが鍵となるので、効果が同じであれば即効性のある方が有利と考えても問題はありません。
つまり、素早く吸収して効果を発揮するリレンザなら、インフルエンザの症状を緩和しやすく、早く治療ができると考えられます。
ただし、新型ウイルスではそれぞれに耐性株のあるウイルスが存在したり、服用の問題もあるので感染者の状態や感染状況によって使い分けるのが一般的です。
どちらが優れているという考え方はあまり意味がないので、医師の判断に任せて処方してもらうのが良いでしょう。

関連記事